読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルセデス・ベンツがラーメンを販売

メルセデス・ベンツといえば、高級車のブランドである。あのロックスター、ジャニス・ジョップリン
ブランドへの憧れを歌にしたほどだ。車に興味がない人でさえ、その名前を聞けば、高級車で
あることがわかるはず。私(佐藤)もそうだ。
そのメルセデス・ベンツが、なんとラーメンの販売を開始した。マジかよ、ベンツはどう考えても、
庶民の乗り物ではない。気安く買えるような代物ではないはずなのに、ラーメンを販売しただけで、
グッと距離が縮まるのは気のせいか?

・クリスマスイルミネーションとアンマッチ
ラーメンを出しているのは、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」である。敷地内に、
世界最大級の直系10メートルのクリスマスリースを設けると共に、2016年11月30日~12月25日
までの期間限定でラーメンの提供を行っている。それにしても、華やかなクリスマスのイルミネーションと、
ラーメンがまったくマッチしていない気が……。

・名前がオシャレ
用意しているラーメンは2種類。「『海』の流星麺~西洋魚介スープと焼きおにぎり」と、「『陸』の流星麺~
鴨の生ハムスープとフォアグラバケット」である。いずれも1200円。ベンツがラーメンを考えると、
こんなオシャレな名前になるのか。私の知っているラーメンとは、別モノの気がしてならない。
f:id:yuyash0106:20161201215554j:image

・海のナンチャララーメン
さて、まずは海のナンチャララーメンを紹介しよう。
こちらは、魚介ベースの一品で焼きおにぎりが付いてくる。
丼にメルセデス・ベンツのロゴが入っている! カッコイイ!! 車は買えないけど、この丼くらいだったら
買えると思う、多分……。

・焼きおにぎりと合う理由
魚介の出汁をフレンチの技法でとったということは、フュメ・ド・ポワソン(fume de poisson)を作る
要領で出汁を取ったのだろうか? これは魚介に一度焼き目をつけて、白ワインと水で炊くというものだ。
たしかにかすかに魚を焼いたような香りがしている。なるほど、これなら焼きおにぎりが合うに違いないだろう。
良く見ると、ホタテにベンツのマークが。やることがイチイチオシャレだ。
細麺で口当たりが非常に優しい。魚の持つ繊細な旨味を、ゆっくりと堪能できる一品となっている。
締めに焼きおにぎりを投入。これがまた上品な味で、一見ワイルドな食べ方なのに、雑味を一切感じない。
まるで上等な鍋を食べた後のような余韻を感じることができた。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2016/11/30/831841/