読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WBC、今度の大会でアメリカが優勝できなければ消滅の可能性

WBCが来年の大会を最後に消滅の可能性 米メディア報道

WBCワールドベースボールクラシック)の第4回大会が来年3月に開催されるが、この大会を最後に
消滅する可能性があることを米国の複数メディアが報じた。

 ESPNのクリスチャン・モレノ記者が「今大会で十分な利益があげられない限り、
ワールド・ベースボール・クラッシックの大会が終了する可能性のあることを、複数のニュースソースから聞いた」と
ツイートしたもの。モレノ記者は英語とスペイン語バイリンガルドミニカ共和国の野球事情にも詳しい人物だ。

 モレノ記者のツイートを受けて、米CBSホームページも「今回のワールド・ベースボール・クラシック
最後になるかもしれないと報じられた。2017年のWBCは、はっきりしない理由で特別なものになるかもしれない」という
見出しで追報。

 CBSの記事は、「2006年以来、4年ごとに行われてきたグローバルトーナメント大会である第4回WBC
数か月後に控えている。だが、同時に、数か月後に、この大会が打ち切りになってしまうかもしれない
状態にあるようだ。クリスチャン・モレノ記者のツイートによると、大会収入をこれまでよりも大きく上回らなければ、
この大会が最後になるかもしれないという」と報じた。CBSのアンダーソン記者は、この一報は衝撃ではなく
「悲しいが予測できる範囲だった」と表現した。

「これまでトーナメントを通じてWBCが人気を得ていると、得意げに主張されてきた一方で、結果的には
そういうことだったのだろう。メジャーリーグは利益を得ているのかもしれないが、この大会にお金を
使うつもりはないようだ」と、今大会を最後に打ち切られる理由を推測している。

 そしてアンダーソン記者は、「ファンとしては2017年の大会をできるだけ楽しむしかない。これが
最後のグローバルトーナメントになるかもしれないのだから。とはいえ、2020年の東京オリンピックまで
待てばいいとも言える」と、締めくくった。
f:id:yuyash0106:20161129182805j:image