読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接官のなぞの質問

面接官「メアリーはこの部屋から一歩も外に出た事がなく、色というものを一度も見たことがありません。
メアリーは白黒の本を読んで様々なことを覚え、白黒のテレビを通して世界中の出来事を学んでいます。
メアリーは視覚の神経生理学について世界一線レベルの専門知識を持っています。
光の特性、眼球の構造、網膜の仕組み、視神経や視覚野のつながり、どういう時に人が「赤い」という言葉を使うのか、「青い」という言葉を使うのか、など
メアリーは視覚に関する物理的事実をすべて知っています。」


面接官「さて、彼女がこの白黒の部屋から解放され、生まれて初めて色を見たメアリーは何か新しいことを学ぶでしょうか?」

 

ぜひ、みなさんの考えを聞かせてください!